LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ランキング
ランキング
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
PROFILE
カテゴリ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
MOBILE
qrcode
OTHERS

Toyログ

北米発。断捨離にあこがれつつも、まだまだ物(+心配ごと)で溢れる毎日 。でも、まだまだ(いや、 かえってますます)一緒に楽しめる素朴な喜びが日常に隠れている。雑貨、映画、音楽、ゲーム、食べ物などを中心に、息子たち(16と14)なりに見出した楽しみを書き留めながら、少しずつ整理していきます。
モンスターを集めて音楽を奏でよう 〜My Singing Monsters〜


「珍しいモンスターが今手に入った。あと24時間、明日学校から帰ってきた頃かなあ〜」息子たちが夢中になって話してくるので、なんか親近感が湧いてきました。どれどれ覗いてみると、確かに一生懸命自分のパートを歌っているモンスターたち、(キモ)かわいい。「植物島」「冬島」色々な島があって、「楽団」の音楽も違い、同じモンスターも違うメロディーを担当。

特に瞬発力やスピードを求めるでも人と競うわけでもなく(ある意味ではそうだが)、何が楽しくてと思うけど。コレクター心をくすぐるのだろう。ましてや1%の確率でしか手に入らない、なかなか孵化しないなんて言われると。新しいキャラ=新しいメロディー(またはリズム)ライン、だから新入りモンスターが加わりどんなハーモニーになったのかと音一つ一つを気にして聞くようになる。耳コピしてピアノで弾いてみるというのが我が家での流行り。あと、友達の島にお邪魔したり自分の島に招いたりも可能。高学年君にはこれも魅力かな。
0
    | きく | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    キーボードで遊ぶ


    ピアノはレッスンと練習用というのに対し、キーボードは自分たちでボタンを操作してリズムや音を変えてみたり、いい遊び道具・教材のような存在になっています。(同じほったらかしでもテレビゲームより気分的に安心です。)機能は使いこなしていないのですが、息子たちの中での流行は、テンポを変えていろんなバージョンで同じ曲を聴いてみること。長男はよく伴奏のベースラインだけプレイして、耳コピしてる?かと思ったら、超スローテンポにして、指使いつきの小さなスクリーンを見ていました。どちらにしても一小節分をつっかかりながらという程度ですが。

    下のリンクはAmazon.comのものですが、カシオだけあって「さくらさくら」など日本の歌も普通に入っています。(CTK2000というモデルはいくつかあるようで、リンクは多分これでよいと思いますがお確かめください。)もちろん人工的な音ではありますが、いろいろなメロディーを楽しんだり、有名な民謡やクラシック音楽に親しめるのも悪くないと思いました。やはり本物のピアノではできない、音楽を分解してくれるというのがうれしい。

    JUGEMテーマ:楽器
    0
      | きく | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      SPONSORED LINKS