LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ランキング
ランキング
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
PROFILE
カテゴリ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
MOBILE
qrcode
OTHERS

Toyログ

北米発。断捨離にあこがれつつも、まだまだ物(+心配ごと)で溢れる毎日 。でも、まだまだ(いや、 かえってますます)一緒に楽しめる素朴な喜びが日常に隠れている。雑貨、映画、音楽、ゲーム、食べ物などを中心に、息子たち(16と14)なりに見出した楽しみを書き留めながら、少しずつ整理していきます。
サイコロで足し算・引き算 〜Math Dice

5年後、おもちゃやゲームの整理をしていたら、このMath Diceを発見、12歳の次男くんがやろうと言い出した。お互いやり方も忘れてしまっていて、読み返す。あ〜、そうだ、こんなんだったと興奮気味。今ならかけ算もできると大張り切り。

何通りもターゲットの数の出し方があるし、速さにもこだわるのもよし、まだ遊べそう。終わって付属の巾着にしまいながら、ママ、これ今度の旅行に持ってこう、だって。

2012.4.8 23:36の投稿
すごろく遊びをしながら算数をさせるというもくろみ^^掛け算も使えるバージョンがあるらしいけど、この足し算+引き算だけの遊びは小学生低学年にちょうどいいお勉強という感じ。まず、開けたときの反応は、12面のサイコロと6面のサイコロが五個も! と大喜び。しかも6面サイコロのうち二つは3までしかない。(1−3がそれぞれ2面ずつある。)そこでまた大喜び。すごろくマットはハンカチの半分ぐらいのミニサイズでと巾着がついているので、持ち運びも楽です。

遊び方ですが、まず12面のサイコロで、ターゲットナンバーを決めます。次に5個のサイコロをふり、出た数を足し算か引き算を組み合わせてできるだけ多く使いターゲットの数にする。ここで5つ全部使いきるのが理想的。(単純な例を一つ: ターゲット 11、もち数:6,5.4.1.3の場合、6+5=11、でもいいけど、さらに、...+4−1−3=11、と全部使い切れます。) 2つか3つ使うのはすぐに思いつくけど、引いてからまた足したりすれば、あと二個使えたりするので、もうちょっと考えてみる、という粘りというか詰める力が試される。数を想像するセンスみたいな、なんらかの数学的スキルが身につくのではないかと期待。
0
    | けいさんする | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    SPONSORED LINKS